12月4日には、中央大学多摩キャンパスで行われたISFに参加しました。ISFは青山学院大学経済研究部、慶應義塾大学経済新人会、中央大学政治学会、東京大学行政機構研究会、日本大学政治研究会、一橋大学経済学研究会、防衛大学校国際関係論研究部が主体となる合同勉強会です。この合同勉強会は様々な大学が参加しているため、そのテーマも「私たちは広告に踊らされているのか?」、「地方自治体の危機 健全化を目指さない非健全団体」、「米中は衝突するのか?激動の南シナ海」、「イギリスのEU離脱から見る今後の世界動向」、「正規分布はどこまで社会を支配するのか」、「これからの日米安保を考える」、「Divided Statesー米大統領選から考える民主主義ー」と非常に多彩なものでした。他大学の方とも活発な意見交換、議論が行われ、とても勉強になったと思います。